神経の疲れを体が教えてくれている

ワキガは体の疲れが原因なんですよ。ワキガは誰でもいつでも発生するものと思いますが、自分の場合には体が疲れた時により強く匂う感じです。

自分のワキガは普段は少し酸っぱい感じの匂いで下着とか服までは移らない程度ですが、体が疲れている時にはいつもの酸っぱい匂いに腐った匂いが出て来て、下着とか服にも移ってしまい、それより酷い時には下着のわきの下辺りが黄色に変色してしまいます。

こうなったら、どんなワキガ消臭材とかクリームを塗っても数時間で効き目が無くなってしまうというかワキガの匂いの方が勝ってしまうという感じです。

ですので、下着を脱いで脇の下をかいで匂いがきついと感じたら、その日から寝る時間を1-2時間以上は早める、その週末は家でゆっくりする、週末1日はパソコンに向かう時間をセーブして体の疲れ、目の疲れ、首の筋肉を疲れなどを取る努力をしています。

逆に自分にとってもワキガは体の疲れ、神経の疲れを体が教えてくれている、と思っており、「困ったな」というよりは、「ありがとう」と言いたい感じです。ワキガは体の疲れを知らせてくれるより正確なバロメータとして使って生活しています。

簡単で誰でも出来るワキガを治す手段